開発ガイド
ミニアプリの開発が簡単になりました。開発者向けの情報はこちらです。
Rakuten Pay Online

目的

 


 

本書は、ミニアプリ内での決済ソリューションとしてRPO(Rakuten Pay Online)を統合しようとするすべての開発者向けのガイダンスを提供するものです。基本的なユースケースとしては、Eコマース、ゲームのモダナイゼーション、サブスクリプションが想定されます

 

RPOとは


Rakuten Pay Onlineとは、RPO担当者が提示した利用規約・契約条件に合意された楽天内外のパートナー向けに、ゲートウェイにラップされたAPI(外部に露出しないAPI)を提供するものです。

最小要求事項は、RPOへのサンドボックスアカウントを要求することです

お問い合せは渉外担当のUrasaki, Tetsuaki | Tetsu | MPBまでご連絡ください。

制約事項


CORS

RPOが定めるオリジン間リソース共有の制約により、RPO API、はJavaScriptを使用してブラウザからはヒットさせることはできません。ミニアプリでの決済にPROを利用しようとするパートナーは、プロキシを展開する必要があります。

ユーザーインターフェース

本項の編集時点(2020年5月13日)では、PRO GatewayのUIを変更する方法はありません。ユーザーは、ミニアプリからゲートウェイに遷移したうえでミニアプリに戻る必要があります。メインビューにホストされている内容は適宜リダイレクトします。

 

前提条件


  1. 営業担当への連絡後にRPOから提供されたサンドボックスアカウント。現時点では、ミニアプリのコールバックURLをRPOに指定する必要があります(例:https://{appID}.miniapps.net/miniapp/payment_redirect.html)。
  2. Rakuten Studioにアクセスしてミニアプリをアップロードするためのクレデンシャル。最終的なリダイレクトは本番環境で実行する必要があります。
  3. プロキシ用にAzureなどのマイクロサービスに展開させるプラットフォーム。

 

実装


E-コマーステンプレート

E-コマーステンプレートは、E-コマースミニアプリ(Reactベース)を簡単に作成できるテンプレートです。MiniAppにRPOを実装するためのRPO統合機能を搭載しています。

テンプレートのソースコードをご覧になりたい方は、下記をご確認ください。

https://ghe.rakuten-it.com/ssed/mab-miniapp-repo-template/tree/mab-e-commerce-template

アクセス権をお持ちでない方も、ソースコード(ZIPファイル)を提供いたしますのでお問合せください。

 

 

 

 

move to top